トリートメントタイプの白髪染めのメリットとデメリット

 

トリートメントタイプの白髪染めの最大のメリットはへカラータイプやヘアマニキュアタイプよりも髪の毛を美しくする成分が沢山含まれている点です。

 

そのため、髪の毛が痛みにくいということがあげられます。

 

髪の毛のダメージや刺激を心配することなく白髪染めをどんどんできるというメリットもあります。

 

 

トリートメントタイプの白髪染めは商品の種類も沢山増えてきており、ヘットスパ効果があるものなどさまざまな機能が加わったものも出てきています。

 

トリートメントタイプのものは、白髪染めの方法として今や主流になっているのです。

 

 

人気のトリートメントタイプの白髪染めですがもちろんデメリットもあります。

 

1番多いのが、綺麗に染まらないということや色落ちが早いということです。

 

ヘアカラータイプのように髪の内部に色を入れて染色するわけではないので色の入り方が弱くなってしまうのでしょう。

 

 

また、短時間放置しているだけで綺麗に染まるのは実際のところ難しいという現状があります。

 

トリートメントタイプで、短時間で綺麗に染まるというキャッチコピーのものでも市販の白髪染めのように手袋をして塗り込み、ヘアキャップをかぶってきちんと放置し、ドライヤーで温めるなど労力をかけて染めなければ綺麗には染まらないでしょう。

 

市販の白髪染めの場合は放置時間を守らないと髪の毛や頭皮を痛めてしまいますが、トリートメントタイプの場合は放置時間の制限がありませんのでその点は安心して使用することができます。